【重要】 「テストコ」セキュリティ強化のための通信停止について

株式会社アルク
2019年3月22日


この度、ご利用いただいているアルク受講生専用サイト「テストコ」におきまして、セキュリティ強化のため暗号化バージョン強化対応を行うことをご案内させていただきます。
弊社が運営する「テストコ」における情報保護のため、インターネットブラウザのより安全性の高い通信暗号化方式「TLS1.2」に対応いたします。
それに伴いセキュリティ強化のため「TLS 1.0/1.1」による通信を停止いたします。

「TLS1.2」対応のご準備のお願い

本対応により、「TLS1.2」に対応していない端末やブラウザをご利用のお客様は2019年5月20日以降、接続できなくなります。
以下「影響のある主なご利用環境」をご確認のうえ、該当の環境をご利用のお客様におきましては、下記手順にてTLS1.2を有効にしていただきますようお願いいたします。
引き続きWEBサイトを安心してご利用いただくため、何卒ご理解・ご対応いただけますようお願い申し上げます。

【本対応によるセキュリティ強化の重要性について】
「テストコ」では現在「TLS 1.0/1.1」による通信が可能となっておりますが、安全ではないプロトコルとされています。クレジット業界におけるグローバルセキュリティ基準である「PCI DSS」に置きましても、様々な脆弱性が指摘されており、「なりすまし、盗聴、改ざん」などのリスクを抱えております。より安全なTLS 1.2への移行が推奨されています。

【主なご利用可能な環境】
・パソコン
[OS] [ブラウザ] ・スマートフォン
[OS] [ブラウザ] 【影響のある主なご利用環境】
・パソコン
[OS] [ブラウザ] ・スマートフォン
[OS] [ブラウザ] 【TLS1.2を有効にするには】
[パソコンでご利用の方]
・Internet Explorer
  1. 画面右上の歯車アイコンをクリックする。
  2. メニューから「インターネットオプション」を選択する。
  3. 「詳細設定」タブを選択する。
  4. 「設定」で「セキュリティ」の項目から「TLS1.2の使用」にチェックする。
  5. 「OK]をクリックし、設定を完了する。
・Google Chrome ・Firefox
  1. 画面右上のメニューボタンをクリックする。
  2. メニューから「ヘルプ」をクリックし、「Firefoxについて」を選択する。
  3. 「Mozilla Firefox について」ウィンドウが開き、自動的に更新が確認される。
  4. 最新でない場合はダウンロードが開始される。ダウンロード完了後は、「ダウンロードしてFirefoxを更新」ボタンをクリックし、Firefoxを再起動する。
  5. Mozilla FirefoxのURL欄に"about:config"と入力し、アクセスする。
  6. 動作保証対象外となる警告画面が表示されるが、「危険を承知の上で使用する」をクリックし、先に進む。
  7. 詳細設定画面にて設定名「security.tls.version.max」の値を"3"に変更する。
       ※Firefox 49 以降は「4」のままで構いません。
  8. Firefoxを再起動する。
・Safari
[スマートフォンでご利用の方]